会計士に転職するコツ|将来を明るいものにするために

会計業務経験者の仕事選び

女の人

活躍できるフィールド

会計士の転職を考えた場合に活躍できるフィールドはかなり広く、とてもつぶしの効く資格と言えます。数字はどこの企業でも必要ですし、決算は避けて通れないからです。会計士の転職先としてまず挙げられるのが、監査法人です。通常は会計士の資格取得後に門を叩くことが多い職場です。しかし、先に民間企業などで経理業務の経験を積んだ方には、その業界の数字を理解している方として監査法人からもニーズがあります。特に建設業や金融といった業種で経験のある方はかなり有利に転職することが可能です。反対に会計士資格を取得後に監査法人で経験を積んだ方の場合、民間企業の経理や財務などの職種の他にも転職先として活躍できるフィールドがあります。それは内部監査やコンプライアンスに関係する職務です。監査法人での職務経験のある会計士は会社の決算や財務分析ができるだけでなく、会社法や内部統制に関する知識もあります。特に内部監査は今やその会社の業務の効率性や経営そのものにも深く関わっている部分でもあります。まさに会計士がその経験やスキルを総合的に生かすのにうってつけの仕事であるとも言えます。通常は社内の他の部署の経験者を人事異同などにより、この内部監査に配置する企業が多いのです。しかし、客観的に会社を外から眺めて数字も分析できる会計士にはかなりのニーズがあります。会計士には他にコンサルティング業務でも活躍が期待されます。例えば、クライアントとなる企業の内部監査体制の構築をバックアップしたり、その企業の資金調達をサポートしたりする業務などです。会計の知識や監査業務などの経験をベースにさらに広い世界を見渡すことができ、キャリア構築の面でもとても魅力があります。

レディ

観光企業がメインの都市

日本最南端に位置する沖縄において、求人の基本は公共事業がほとんどです。本土から大企業が参入することもありますが、小さな島という特性上、製造業が少なく観光業がメインとなります。それでも求人の数や質は保たれているので、仕事に困ることはないでしょう。

作業員

施行管理の仕事とは

施工管理の仕事は、主に工事現場で着工から完成までスムーズに工事を進められるように管理や指揮を行ないます。この施工管理は派遣でも働くことが出来ますよ。派遣会社にて自分に適した会社をマッチングしてもらいましょう。