会計士に転職するコツ|将来を明るいものにするために

施行管理の仕事とは

作業員

施工管理や現場監督の派遣の仕事というと、工事現場や建設現場で着工から完成まで工事がちゃんとスムーズに行われるために管理や指揮を執るのが、基本的な業務になります。アシスタントして現場監督の業務をサポートする場合もあれば、自ら施工管理や現場監督を行なうこともあるのが特徴です。その場合は、基本的に原価管理や工程管理、品質管理、安全管理の4つの業務を担当するでしょう。この施工管理の仕事を派遣で行なうためには、施工管理技士と飛ばれる国家試験を取得しなければいけません。施工管理技士には主に6つの種類があって、それぞれ1級と2級があります。また、現場監督には県特使や土木施工管理技士の資格を取っている人が採用に繋がるケースがあるので、把握しておくと良いでしょう。また、施行や工事の現場では数多くのスタッフが作業を行なうので、そのスタッフをまとめあげて、作業を円滑に進められるリーダーシップが必要になっていきます。

そんな施行管理の仕事ですが、最近では多くの建物を設計・工事している状況でもあるため、派遣の需要が高まっています。過去に経験がある場合は、派遣にて施工管理の仕事を再スタートさせるのも悪くはありません。また、自分で施工管理の仕事を探すより、派遣会社にて自分に適した仕事をマッチングしてもらえることが非常に魅力的です。建築系に特化した派遣会社も存在しているので、相談してみると良いでしょう。派遣社員から正社員にキャリアアップ出来る制度など充実していますよ。